印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


日本共産党 桜井市議会議員 吉田ただお since 2012-08-13

政府交渉

2020年2月
政府交渉をおこないました
 2月27日、日本共産党宮本次郎・衆院奈良2区予定候補と、県会議員団、五條市、広陵町の各議員と政府交渉をおこないました。
 私は昨年9月26日に厚生労働省が再編・統合の必要があるとして、全国424の公立・公的病院等の名前を公表した、「公的病院再編・統合再検討リスト」の撤回と済生会中和病院の統合・再編をしないよう厚労省に対して申し入れをおこないました。
 県内では済生会奈良病院、済生会中和病院、済生会御所病院、県総合リハビリテーションセンター、南和広域医療企業団吉野病院が病床を削減することを目的に公表されました。
 これに対して全国知事会の平井社保常任委員長(鳥取県知事)が、「リストを返上してほしい」と発言されるなど、全国の病院や自治体関係者などから厳しい批判が上がっています。




 済生会中和病院の中島祥介医院長も「地域の情勢や各病院の果たしている役割を、詳細に検討して作成されたものではありません」と談話も発表されています。
 一方、県は国の方針を先取りして、公立・公的病院だけでなく、民間病院を含む県内すべての病院の病床転換・削減の計画を、この3月までに完成させようとしています。県は県民の声と地域医療の実情に即した、冷静で丁寧な議論をおこなうべきです。
 他に、新型コロナウイルス、地方公共交通への支援について、平城宮跡国営公園整備事業について、国民健康保険料(税)の子どもに係る均等割りの廃止、陸上自衛隊駐屯地誘致について要望やレクチャーを受けました。
 政府交渉には国会開会中の忙しい間をぬって、大門みきし、清水忠史議員にも同席していただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2020021.jpg

2020022.jpg